1: れいおφ ★ 2013/06/29(土) 18:49:17.70 ID:???0



サッカーのワールドカップ(W杯)で史上最多5度の優勝回数を誇るブラジル代表。
ポルトガル語で「選ばれし者たち」を意味し、国民から常にその動向を注視される
「セレソン」に長年密着している日本人ジャーナリストがいる。
兵庫県出身の藤原清美さん(46)。
外国人で唯一、チャーター機への同乗取材が許されるほど、監督、選手からの
信頼は厚い。

昨秋、2002年W杯日韓大会でブラジルを優勝に導いたスコラリ監督が、
約10年ぶりに再登板。厳しい質問が相次いだ就任会見の席上、藤原さんが
「フェリポン(スコラリ監督の愛称)」と呼びかけると、指揮官の表情が一瞬にして和らいだ。
「おお、この声はキヨミだな。来ていたのか? 私の救世主よ」
築き上げた信頼関係を物語るエピソードだ。

サッカー王国との縁は、番組制作会社で放送作家を務めていた20年前にさかのぼる。
Jリーグの鹿島に所属していたジーコ氏のビデオ制作に関わったのがきっかけだった。
1998年W杯フランス大会では、ブラジル代表に3カ月間密着。
「情熱と文化、歴史と伝統。セレソンはブラジルのすべてを包んでいる」と魅せられ、
2001年に会社を説き伏せてリオデジャネイロに移住した。

国民の期待を一心に背負うセレソン。
負ければ選手は集中砲火され、指揮官には解任論が噴出する。
メディアは常に厳しい目を向けるが、藤原さんのスタンスは違う。
ジーコ氏が日本代表を率いていた頃、しきりにブラジルに帰国することが批判を浴びた。
実は貧民街で無料のスクールを開いたり、日本の若年層育成のために
15歳以下の交流戦を立ち上げたりしていたのだ。
「真実を伝えなきゃ、という使命感のようなものがある」と藤原さんは言う。

CS放送のレギュラー番組では、欧州で活躍する選手の“お宅訪問”が名物企画に。
ロナウド、ロベルト・カルロス、カカ…。電話一本で、世界のスーパースターたちは
快く引き受けてくれた。

地元で開催されているコンフェデレーションズカップの決勝(30日=日本時間7月1日)で、
ブラジルはW杯王者のスペインと激突する。
藤原さんは「チームの雰囲気はいいので、力を出し切ってほしい。ブラジルはやっぱり
ブラジルなんだ、と思わせるような試合を期待したいですね」とエールを送った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000134-san-socc

動画









続きを読む