欧州サッカー速報

日本代表選手を中心に欧州サッカーの情報をまとめています

欧州遠征

【欧州遠征】日本が与えた衝撃 ベルギー、オランダから届いた賞賛の声

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/11/21(木) 04:54:14.22 ID:???0
完敗から4年、進化を証明
オランダ代表を追い始めて20年というエドウィン・ストラウス記者だ。
彼はオランダ戦、ベルギー戦と2試合続けて先制された日本が、しっかり試合を
作り直したことを誉め称えた。

「日本が初めてオランダと試合をしたのは2009年。あの時の日本も
素晴らしいサッカーをしたが、オランダに1点奪われるとずるずる失点を重ねて、
終わってみれば0-3で負けていた。しかし、今の日本は1点を失っても、しっかり
試合を立て直すことができる。それは自分たちに自信があるから。パニックに
陥ることなくボールを落ち着いてさばくことができる。もちろん組み合わせにもよる
けれど、W杯では準々決勝に進出する可能性だってある。オランダ、イングランドより
良い成績を収めるんじゃないか」

日本対オランダ戦が行われた翌日、11月18日のサッカートーク番組
『ストゥディオ・フットバル』でオランダ人のサッカー専門家が日本をとても好意的に
捉えていた。AZ(オランダ)やポルト(ポルトガル)といったチームを率いた指導者、
コー・アドリアーンセは「個々の選手を分析し、比べた場合、私は日本の方が
オランダより勝っていたと思う。後半に入って彼らはチームとして機能した。日本は
スピード、ボールの扱い方、テクニックといった点で、オランダを上回っていた。
オランダには何人かの飛び抜けた力を持った選手がいる。例えば(アリエン・)ロッベン。
もしかするとケビン・ストロートマンもそうだろう。しかし、後半に入ると彼らにボールが
渡らなかった」と語った。

ルート・フリットは日本とオランダの中盤の選手を比べ、
「試合中、目を見張ったのは、日本が中盤で相手のマークを背負っていても、
しっかりターンしていたこと。そこがオランダに欠けていたことじゃないか。
(ラファエル・)ファン・デル・ファールトはターンできていた。(負傷で招集外の)
ウェズレイ・スナイデルもできたんじゃないかと思う。しかし、ストロートマンは
ボールをたたいてばかり。一方、日本は酷いピッチの上でもハイテンポで
簡単にコンビネーションサッカーをやっていた」と解説した。
つづく

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2013/columndtl/201311200006-spnavi

2: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/11/21(木) 04:54:49.50 ID:???0
アドリアーンセ氏は、日本の勇気を持ったサッカーに感銘していた。
「アルベルト・ザッケローニ監督はイタリア人。今、イタリアのサッカーはとても
攻撃的になっている。ルート(フリット)の時代と違って、チェーザレ・プランデッリ監督の
イタリア代表が攻撃的に戦い、アントニオ・コンテ監督がモダンで魅力的なサッカーをする
ユベントスを率いている。私が思うに、ザッケローニ監督はビハインドを負ったことから、
後半、戦術を変えてプレスを前線からかけてきた。こうした勇気のあるサッカーができる
チームは世界でも限られている。ドイツ、イタリア、バルセロナスタイルのスペインができるし、
われわれ(オランダ)もやれると思う。でも、そのぐらいだろう」

日本代表との試合をオランダ人もベルギー人も学びの場として捉えている。
ベルギーの『ヘット・ニーウスブラット』紙は「日本戦から、われわれは何を学んだか?」
という記事を掲載している。

「ベルギーは(まだ)トップの国ではない。“赤い悪魔”は2013年を良い年だったとして
記憶にとどめたいだろうが、この1年を振り返るためには日本戦とコロンビア戦の
DVDを一番上のところに置いておかないといけない。コロンビアからは個々の実力を学び、
日本からは非常に良く動き、コンビネーションサッカーをする能力が、良いチームを
作ることを学んだ」

日本は他国から学び、自国に取り込もうとする意欲に富んだ国だ。
今回、ベルギーとオランダが、日本のサッカーから学ぼうとする姿勢を示したこともまた、
日本にとっては学びの機会となるだろう。

続きを読む

【ベルギー戦】失点に関与の酒井高「ミララスに気付いてなかった。反省するしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/11/21(木) 03:56:01.17 ID:???0
国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。
先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で、
3-2と逆転勝利を収めた。

試合後、先発出場し、86分までプレーした酒井高徳は、以下のように
コメントしている。

―全体的に連動性もあって、ベルギーに対していい内容だったが?
「そうですね。追いついてひっくり返したのはすごくよかったと思うし、狙いを持って
攻撃できたところは非常によかったと思います」

―先制された場面は、悔やんでいる部分もありつつ、切り替えた?
(15分、左サイドに流れたロメル・ルカクが飛び出した川島永嗣をかわし、
ゴール前にクロス。酒井高がいたが、背後から迫ったケヴィン・ミララスが先んじて、
無人のゴールへシュートを流し込んだ)
「引きずっていました。でも続けないといけないし、やっちゃいけない失点の1つでした。
全然気付いていなかったので、注意力とか集中力とかが、すごくこういう舞台に
なってくると大事なので、本当に反省するしかないかなと。その後、ミスが続かなかった
のが、よかったかなと思います」

―ミララスは、後ろからスッと出てきた?
「そうですね。最初から全然気付いていなかったので、対面の選手の確認とか、
普通の当たり前のことを疎かにしているのかなというのがあるので、もう1回、
足元を見つめるというか、しっかり1からやっていかないといけないところでもある
のかなと思います」

―ミララスはカットインも得意で、縦も中もあるが?
「あまり深い位置でのドリブルはなく、前半もファウルした場面は1回くらいだったので、
それ以外は中にいかれても(香川)真司君もいたし、ボランチもいたので、
ついていくという意識よりは、中に入ったら自分のポジションに戻る感じを意識していて、
1対1だったら中に行かせないで、縦に行かせるという対応を意識していました。
相手のドリブルを開始するポジションが低かったかなとはちょっと思います」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00149396-soccerk-socc

続きを読む

【ベルギー戦】飛び出して失点の川島「自分のタイミングだったが、それ以上にルカクが速かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/11/21(木) 14:31:25.71 ID:???0
ベルギーの先制点の場面では川島が右サイドのペナルティーエリア外まで
飛び出したが、ロメル・ルカクの持ち込んだボールに触ることができなかった。
「自分のタイミングだったんですけど、それ以上に(ルカクが)速かったので。
最後スライディングで行けるタイミングでやってはいたんですけど、速かったし、
先にボールを触られてしまった。そこで退場になるより、1点はもう仕方がないなと
行きましたけど」
10月の欧州遠征ではセルビア、ベラルーシに無得点で連敗し、チーム作りが
後退している感のあった日本代表だが、今回のオランダ戦、ベルギー戦では
内容と結果に大幅な改善が見られた。
「オランダ戦も内容はすごく良かったと思うけど、勝ちきれなかった分、この試合で
勝てたのは大きかったです。10月の2試合の後、その時間を今回取り戻せるかどうかが
非常に大切だったと思うので、良かったと思います」
2010年からベルギーでプレーする川島は、試合直後にベルギーやフランスの
テレビの取材に対しても次のようにコメントしている。
「親善試合ではあるけど、僕らにとって、また僕にとってはすごく重要な試合でした。
ベルギーは素晴らしい技術のある選手が大勢いる。2連敗したのは彼らにとって
残念なことだと思います」
「来年のワールドカップでは2010年の南アフリカ大会よりも良い結果を出したいと
思っています。グループステージで日本がベルギーと対戦することになったとすれば
うれしい。(スタンダール・リエージュのチームメートにこの勝利について何か言うか?)
いえ、謙虚でいたいと思います」

(Goal.com)
http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20131120/jpn13112012510012-s.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20131120/jpn13112012510012-n2.html

続きを読む

【欧州遠征】ベルギー紙「我々は日本から、優れた動きとコンビネーションによって何ができるかを学べた」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/11/20(水) 13:08:59.80 ID:???i
日本代表は19日、ベルギー代表と国際親善試合を行い、柿谷曜一朗や
本田圭佑らの得点により3―2で勝利を収めた。

日本代表に敗れたベルギーは、ブラジル・ワールドカップにおける“ダークホース”と
評されるほど、注目を集めているチームだ。しかし、コロンビア戦に続き日本戦にも
敗れたことで、国内には「おごりがあったのではないか」という論調が広がっている。

ベルギー紙『nieuwsblad』は、この2連戦を振り返り、
「我々は日本代表から何を学んだのか」というタイトルの記事を掲載。
その中で、「レッドデビルズ(ベルギー代表の愛称)は日本代表の動きに圧倒されていた」
と、内容の面で劣っていたことを認めた。

また、「誰もが交響曲のようなハーモニーが見られると期待していたが、
それは失望に変わった。フィールドでより良いプレーをしたのは日本の方だった。
ムサ・デンベレとエデン・アザールは全く機能していなかった」と、課題について言及。

さらに、
「ベルギーは(まだ)トップの国ではない。我々は日本から、優れた動きと
コンビネーションによって何ができるかを学べた」と続け、この敗戦を教訓に
ブラジルへの準備を進めていくべきだとの見解を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00149407-soccerk-socc

続きを読む

【欧州遠征】ベルギーメディア「創造性のある日本が赤い悪魔を痛めつけた」「これぞバルセロナ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: 五十京φ ★ 2013/11/20(水) 12:06:16.36 ID:???0
日本が敵地でベルギーを3-2で倒した。
戦前、ヴィルモッツ監督は「日本にたくさんのスペースを与えてはいけない。
我々はW杯予選の試合のように、日本のことをよく研究した」と語っていたが、
日本のパスサッカーに対応しきれなかった。
センターバックのファン・ブイテンはプラン通りに試合が進まなかったことを認めた。
「各ポジションの間で大きなスペースが広がってしまった。
日本の選手のように良いフットボールが出来る選手たちに対し、そんなにスペースを
与えると大きな代償を払うことになる」

スポーツ専門ウェブサイトの『スポルツァ』は「創造性のある日本がベルギーを倒す。
本田圭佑とその仲間たちはショート・コンビネーションのサッカーで“赤い悪魔”
(ベルギー代表のニックネーム)を痛めつけた」と報じた。

本田、香川を中心に繰り広げる日本のパスサッカーはベルギー人たちに
深い印象を残した。
とりわけ63分、岡崎が3-1とするゴールを決めたとき、ラジオの実況は
「これぞ、バルセロナのフットボール」と叫んだという。
「日本はフィジカルが非常に強く、スピードがある。それに対して、我々は苦労した」
とは、試合後のヴィルモッツ監督のコメントだ。

左SBを務めたフェルトンゲンは「僕は日本のことをよく知らなかったけど、
まさかこんな良いサッカーをするとは。本当に驚いた」と振り返った。
コロンビアに0-2と完封負けを喫していたベルギーは、これで11月の2試合を
連敗で終えた。
ヘット・ニーウスブラット紙は「W杯予選で成功を収めたベルギー代表の2013年は、
沈んだ気分で終わった。トップクラスのコロンビア、そしてFIFAランキング44位に
過ぎない日本に、ベルギーは敗れてしまったのだ」と報じた。

2002年の日韓W杯を最後に長らく檜舞台から遠のいていたベルギーだったが、
現在は、プレミアを中心にビッグリーグで活躍するスターが揃い、
一気にチーム力が向上した。
クロアチア、セルビア、スコットランドという強国、中堅国と組んだW杯予選も
難なく勝ち上がり、現在のFIFAランキングは5位。
ベルギーリーグのスタンダールでプレイする川島永嗣は、試合前、ベルギーメディアから
「日本のチームメートにベルギーの選手のことを教えてあげたの?」
と聞かれ、「そんな必要はない。ベルギーの選手は有名だから、僕のチームメートも
よく知っている」と答えていた。

日本戦で先発出場したメンバーのうち、イングランドでプレイする選手は
ミニョレ(リバプール、GK)、フェルマーレン(アーセナル、DF)、アザール
(チェルシー、MF)、ルカク(共にエバートン、FW)ら、実に7人を占める。

残る4人もスペインリーグ(アルデルワイレルト=アトレチコ・マドリー、DF)、
ドイツリーグ(ファン・ブイテン=バイエルン・ミュンヘン、DF)、イタリアリーグ
(メルテンス=ナポリ、FW)、ロシアリーグ(ウィッツェル=ゼニト、MF)といずれも
ビッグクラブで活躍しているのだから、川島の答えも納得だ。
スターぞろいのベルギー代表だけに、国民の期待も高まるばかりだった。
しかし、11月はコロンビアと日本に連敗。選手たちももう一度、W杯に向けて
レベルアップを図らないといけない。

日本戦の後、ヴィルモッツ監督は
「ベルギーは、この2試合であまりに簡単に失点を喫してしまった。
W杯まであと7ヶ月ある。我々は所属するクラブに戻って、ハードワークを
しないといけない」と気を引き締めていた。

THE PAGE (文責・中田徹/欧州在住ライター) 11月20日(水)11時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00000001-wordleafs-socc

続きを読む

【ベルギー代表】ウィルモッツ監督「日本戦はベストメンバーで臨む」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: 大梃子φ ★ 2013/11/18(月) 12:52:29.25 ID:???0
ベルギー監督 ベストメンバーでの打倒日本を宣言
国際親善試合 ベルギー―日本 (11月19日 ブリュッセル)

ベルギーのウィルモッツ監督は、ベストメンバーで日本を倒すことを宣言した。
17日付の地元DH紙で「ベストチームで臨む。真剣に試合に挑み、勝つことが目的だ」
とコメント。14日の親善試合はコロンビアに0―2で敗れており、来年のW杯の
第1シードとしては格下の日本に足をすくわれて連敗を喫するわけにはいかない。

指揮官は日本と浅からぬ因縁がある。
前回ベルギーがW杯に出場した02年日韓大会には選手として出場。
1次リーグ第1戦の日本戦で豪快なオーバーヘッドで先制点を決めたのが、
1トップで先発したFWウィルモッツだった。2―2で引き分けた11年前の日本代表を
「ダイナミックで爆発的で技術に優れていた」と回顧。
その上で「日本は欧州の文化にも適応できる。こちらでプレーしているからね」と
本田、香川ら“欧州組”の実力を警戒した。

[ 2013年11月18日 05:30 ]
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/11/18/kiji/K20131118007033020.html

続きを読む

【オランダ戦】ファン・デルファールト「冷や汗をかきながら逃げ切った」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/11/17(日) 12:18:59.18 ID:???i
日本に2点差追い付かれたオランダ、MFファン・デルファールト
「最後は冷や汗をかきながら逃げ切った」
ISM 11月17日 11時44分配信

現地時間16日に行なわれた国際親善試合で、日本と2対2で引き分けたオランダ。
試合後、MFラファエル・ファン・デルファールトは後半の出来が悪かったと語り、
日本には戦い方を知るトップレベルの選手が存在すると語った。
ロイター通信が報じている。

日本はこの日、12分にファン・デルファールト、39分にはアルイェン・ロッベンに
決められ2点を先行されるも、前半終了間際の44分に大迫勇也のゴールで
1点を返すと、後半頭から香川真司と遠藤保仁を投入。攻撃面が活性化し、
60分にはテンポのよいパスワークからMF本田圭佑が同点弾を挙げた。
日本は逆転勝利こそならなかったものの、2014年W杯欧州予選を無敗で終えた
オランダに土をつけようかという勢いでゴールをねらいにいった。

試合後、ファン・デルファールトは報道陣に対し
「最後は冷や汗をかきながら逃げ切ったという感じだ」とコメント。
「後半は本当に失敗だった。残念だけどそういう試合も時々はある。
後半を考えれば、日本が勝利に値したかもしれない。日本は少し過小評価されている
かもしれないけど、彼らには戦い方をよく知るトップレベルの選手が数人いる」
と試合を振り返った。

一方、オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督はオランダのTV局『SBS6』に対し、
「我々は日本の反撃を許したが、あれは不要だった」とコメント。
「傷口を塞いで前を向かなければならない」と述べ、この一戦については
忘れるのが一番との見解を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00000020-ism-socc

続きを読む

【オランダ戦】日本サポ、横断幕でザックへのメッセージ掲げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 真・ソニック ◆zRjjuglb6U @S_SONICφ ★ 2013/11/17(日) 08:23:24.53 ID:???0
日本サポ「強化プランの見直しを」横断幕で痛烈メッセージ
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/11/17/kiji/K20131117007027740.html
オランダ戦でスタンドに掲げられた横断幕 Photo By スポニチ


国際親善試合 日本2―2オランダ (11月16日 ゲンク)

オランダ戦の試合前に日本サポーターが10枚以上の横断幕を
スタジアムのスタンドに掲げた。

「結果を出している国内組より、結果を出していない海外組の方が大事?」
と書かれた1枚の横には「2013Jリーグ得点ランク 1、大久保 2、川又」
と書かれた幕が垂らされた。他には「アジア王者の誇りはどこに?」や
「今のままで6月に結果を出せるの?」といったものもあった。

≪横断幕全文≫
3月まで試合0?強化プランの見直しを アジア王者の誇りはどこに?
日本に伝わる必死さはあるか?日の丸の誇りは重みは?
結果を出している国内組より結果を出していない海外組の方が大事?
2013Jリーグ得点ランク 1 大久保 2 川又 ZACさん海外組が全て?
この挫折は過程?準備できてるの?俺たちの声は届いているか?
今のままで6月に結果を出せるの?2010から個々の成長もぶつけろ 球際に気合を

続きを読む

【欧州遠征】オランダ、ファン・ハール監督「日本は3-2の勝利に値した」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/11/17(日) 01:12:19.77 ID:???I
ファン・ハール:「日本は3-2の勝利に値した」
GOAL 11月17日 1時0分配信

'Louis van Gaal- Netherlands'
16日に行われたオランダ代表対日本代表の国際親善試合は、
2-2の引き分けに終わった。
オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督はザックジャパンの戦いぶりをたたえ、
日本が勝利に値する戦いをしていたことを認めている。

前半にはオランダが2点をリードしたが、ハーフタイム直前に大迫勇也が1点を返すと、
後半はほぼ一方的な日本ペース。本田圭佑の同点ゴール以外にも多くの決定機を
生み出していた。

「日本は後半にプレッシャーをかけてきた。
我々にとってはプレーするのが難しかった。日本のプレッシャーを逃れられず、
後半には自分たちの試合を展開することができなかった。
日本は3点目を奪ってもおかしくなかった」

「オランダは2-0のリードを失ってしまった。
日本は3-2の勝利に値したと思う。イタリアやポルトガルと試合をしたときと同じような
シナリオだ。我々は3つの勝利を逃してしまった」

日本の後半の選手交代が功を奏したとして、ファン・ハール監督は
ザッケローニ監督に賛辞を送った。

「日本の1点目の前から、問題が起こっていることは分かっていた。
我々のキャプテン(アリエン・ロッベン)が選手たちのポジションを動かす指示が
聞こえていたからだ。彼は危険を感じているようだった」
「後半に香川と柿谷を入れたのは、ザッケローニにとって良い選手交代だった。
(ラファエル・)ファン・デル・ファールトは前半の我々のベストプレーヤーだったが、
彼にまでボールをつなぐことができていなかったので交代させるしかなかった」

(C)Goal.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00000034-goal-socc

続きを読む

【欧州遠征】オランダにドロー!日本代表スレの反応

このエントリーをはてなブックマークに追加




続きを読む
お知らせ



ただいま、一時的にコメント欄を承認制にしております




最新サッカー雑誌




ナンバー
2014年 3/27号





月刊フットボリスタ
2014年 04月号





サッカーダイジェスト
2014年 3/25号





ワールドサッカーダイジェスト
2014年 3/20号





サッカークリニック
2014年 04月号





ブラジルW杯出場32カ国
戦術&キープレイヤー
完全ガイド





サッカーマガジンZONE
2014年 04月号





サッカーダイジェスト増刊
日本代表GS展望&ガイド





サッカーダイジェスト増刊
ブラジルW杯展望&ガイド


スポンサードリンク







最新コメント
最新画像(クリックで記事へ)
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【試合結果】アルガルベ杯 なでしこ日本、アメリカと1-1ドロー!
  • 【セリエA】インテル、マンU・DFヴィディッチとの契約合意を発表
日本代表を100%堪能!
タグクラウド
ツイッター・RSS
記事検索
お世話になっているサイト様
Amazon.co.jp




長友佑都体幹トレーニング20





我思う、ゆえに我蹴る。
アンドレア・ピルロ自伝





Amazon.co.jp限定版
情熱を貫く
大久保嘉人自伝





日本代表
ユニフォーム/2014





ブラジルW杯
対戦国シミュレーション分析





欧州サッカー批評(9)





モウリーニョvsレアルマドリー
「三年戦争」





独白
レイモン・ドメネク自伝





サッカー批評(66)





[DVD]日本代表激闘録
2014W杯アジア地区最終予選





本田圭佑ユニフォーム
ACミラン/13-14





香川真司ユニフォーム
マンチェスターU/13-14





内田篤人ユニフォーム
シャルケ/12-14(継続)





ウィニングイレブン2014





FIFA 14
ワールドクラス サッカー





サカつく
プロサッカークラブをつくろう!


QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文







  • ライブドアブログ