欧州サッカー速報

日本代表選手を中心に欧州サッカーの情報をまとめています

グループC

【ブラジルW杯】知将ペケルマン率いるコロンビアは覚醒したエリート軍団

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/10(火) 21:03:39.65 ID:???0
コロンビアは知将率いるエリート軍団 ペケルマン改革で覚醒、ベスト8狙う
(藤坂ガルシア千鶴) 2013年12月7日12:10

◆計画性なき監督交代、今予選でも序盤に解雇……

 1990年代、カルロス・バルデラマやファウスティーノ・アスプリージャ
といった名選手たちによって、黄金期を築き上げたコロンビア。
94年ワールドカップ(W杯)・米国大会の南米予選では、
当時“無敵艦隊”と呼ばれていたアルゼンチンをアウエーで5-0と
撃沈するほどの威力を誇っていたが、98年W杯・フランス大会出場後、
それまでチームを支えていたスター選手たちが去ったことで一気に失墜した。

 以後、1年半の長丁場となるW杯予選の途中で、結果を出せなければ
即時に協会幹部が監督を交代させるという悪習慣が根付き、
強化計画の方向性を完全に見失った状態にあった。

 今回の予選でも予想外の監督交代劇が起こり、コロンビアの人々は
同じような結果を想像していた。2011年のコパ・アメリカ(南米選手権)で
チームを指揮したダリオ・ゴメス監督は、準々決勝でペルーに完敗した後、
一部のメディアから批判を受けながらも続投が決まっていたが、
予選開始直前に暴行事件を起こして辞任。協会は急きょ、
黄金期に代表DFとして活躍し、国民からの支持率も高い
レオネル・アルバレスを新監督に抜てきするという窮余の一策に出た。

(>>2に続く)

画像:エースのファルカオをはじめ、コロンビアはタレントぞろい。
生まれ変わったエリート集団はベスト8進出を狙う


画像:ペケルマン監督はチームのみならず、取り巻く環境も含めて改革を断行。
選手たちのメンタルを強化し、自信を植え付けた


スポーツナビ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312070007-spnavi

続きを読む

【ブラジルW杯】オシムがザックJに提言 GL突破への鍵はギリシャ戦

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: 真・ソニック ◆zRjjuglb6U @S_SONICφ ★ 2013/12/10(火) 22:09:37.28 ID:???0
W杯ブラジル大会の組み合わせが決まり、1次リーグでC組に入った日本は
コートジボワール、ギリシャ、コロンビアと対戦することになった。
比較的、恵まれた組み合わせとの評価もある中で、元日本代表監督の
イビチャ・オシム氏(72)は、ギリシャ戦の勝利を1次リーグ突破の条件に挙げた。
【W杯C組日程】

日本が入ったC組は、優勝候補の本命がおらず、他よりも危険の少ないグループだ。
コロンビアはビッグチームだが、イングランドやブラジル、アルゼンチン、スペイン、
イタリアほどではない。優位なのはコロンビアとコートジボワール。ただ、日本とギリシャも
力は接近していて十分に戦える。

日本が決勝トーナメントに進出するためには、どこで勝ち点を計算するかをはっきりと
させるべきだ。私は第2戦のギリシャが大きなポイントになると思う。ここで勝ち点3を
奪えれば、コートジボワールからは勝ち点1でいい。逆にコートジボワールに敗れると、
第3戦のコロンビア戦に突破が懸かり、きつい。むしろコロンビアに突破が懸かるようなら、
日本はその状況をうまく利用できる。

ギリシャは平均年齢が高く経験があり、とてもやりにくい。相手のプレーを遅らせ、
落ち着かせるすべを心得ている。W杯のような大会ではこういうことは重要で、
1点リードしようものなら、しっかりと守りを固めて試合を終える。
彼らにはカウンターがあり、守備は堅く、そういう戦い方で04年欧州選手権も制した。
ただ、欧州予選では私の母国ボスニア・ヘルツェゴビナと同組で2度対戦し、
フィジカル面の弱点を露呈した。

日本が最も警戒しなければならないのはコートジボワールだろう。
平均年齢が高く、主力世代の最終時期だ。彼らは長い間ずっと一緒にプレーし、
息が合っている。しかし、アフリカ勢はチーム構成が難しく、何が起こるか分からない。
スター選手同士がうまくやっていけるかどうかもネックになる。フランス人の監督が
どれだけ手綱を締められるのか。
ドログバは35歳だが、今もチームの大黒柱。プレーし続ける意欲を持ち続ける限り、
とても危険な存在だ。だが、しっかり分析すれば引き分けは十分に可能だし、
1―0で勝つこともできる。

コロンビアも危険だ。他の2カ国より選手の平均年齢が若い。ファルカオは27歳だし、
ロドリゲスもまだ22歳だ。バルデラマの時代からテクニックは南米でも1、2位を争う
存在だ。華麗なパススタイルの伝統に積極性と規律が加わった。ボールのないところでも、
動きは危険で抜け目がない。どうしたら彼らを自由にプレーさせることなく止められるか。
特に若い中盤の選手たちにボールを回されることのないように、しっかりと対策を
立てるべきだ。

日本はディフェンスの弱点さえ克服できれば、中盤や前線には人材がそろっていて、
テクニックとフィジカルの両面で力を発揮できる。そのためにも今後はスペインや
ドイツのようなできるだけ強い相手とテストマッチを組んだ方がいい。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/12/10/kiji/K20131210007171460.html

続きを読む

【ブラジルW杯】ガーナと並ぶアフリカ最強コートジボワールの強みは攻撃陣 DFラインを高く保てるかがカギ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/09(月) 03:15:26.33 ID:???0
ドログバの出来がチーム躍進を左右する コートジボワール戦は
日本の勇気が必要! (河治良幸) 2013年12月8日10:17

◆通算成績は2勝1敗で日本が勝ち越している

来年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本と同じグループCに入った
コートジボワールは3大会連続3回目の出場。アフリカの中ではガーナと並ぶ
最強国と見られるが、日本とは過去に3度の対戦がある。

最初の対戦は1993年のオフト時代に国立競技場で日本が1-0で勝利し、
2度目となった2008年のキリンカップでも岡田ジャパンが1-0で勝利している。
しかし前回のW杯直前にスイス・シオンで行われたテストマッチでは0-2で
敗れており、通算成績は2勝1敗となっている。

前回大会はアフリカ大陸で開催されたこともあり“影の優勝候補”という評価もあったが、
ブラジル、ポルトガルと同居する“死の組”(もう1チームは北朝鮮)に入ってしまった。
しかも前述の日本戦で大黒柱のディディエ・ドログバ(ガラタサライ/トルコ)が腕を骨折。
何とか大会中に復帰したものの、本来の能力を発揮しきれずに
チームもグループリーグで姿を消している。

(>>2に続く)

画像:日本と同じグループCに入ったアフリカの強豪・コートジボワール


画像:チームの躍進はドログバ(手前)の出来にかかっていると言っても過言ではない


スポーツナビ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312080001-spnavi
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312080001-spnavi?page=2

続きを読む

【ブラジルW杯】堅守速攻のギリシャは欧州勢で最もやりにくいタイプ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/09(月) 01:06:46.44 ID:???0
ハマると怖い堅守速攻、ギリシャ侮れず 欧州勢で日本が最もやりにくいタイプ
(河治良幸) 2013年12月7日 15:30

◆組織的な守備と勝負強さが持ち味

日本が入ったワールドカップ(W杯)・ブラジル大会のグループCに欧州勢の
ポット4から振り分けられたのはギリシャだった。従来の格付けならポット1に入る
イタリアやオランダが来なかったことを考えれば組分けに恵まれたと言える。
しかし、現在の日本にとって堅守速攻型のギリシャは欧州の中でも最もやりにくい
タイプだ。ギリシャは欧州予選のグループGでボスニア・ヘルツェゴビナに
首位を譲る形でプレーオフに回ったが、難敵ルーマニアを3-1、1-1の合計4-2で
下して、2大会連続となる3回目のW杯出場を決めた。
予選12試合(プレーオフ含む)で16得点6失点という数字が示す通り、
彼らの強みは組織的な守備と接戦での勝負強さだ。

2010年にポルトガル人のフェルナンド・サントス監督が就任したとき、
期待されたのは攻撃的なメソッドとマインドの注入だった。実際に04年の
ユーロ(欧州選手権)で優勝に導いたレーハーゲル時代に比べると攻撃志向は
強まり、ロングカウンターやセットプレーに頼るだけでなく、自分たちから仕掛ける
攻撃が増えた。

ただ、守備から入り、ボールを持ったら手数をかけることなくシンプルな展開から
徹底してサイドを突き、クロスにアタッカーが合わせるのが基本パターンとなっている。
4-3-3のフォーメーションはスペインやオランダと同じだが、チームとしての戦い方は
全く異なり、日本の攻撃スタイルとも対極的な関係にあるチームだ。

(>>2に続く)

画像:ギリシャはルーマニアとのプレーオフを制してW杯出場権を獲得。
日本のスタイルとは対極にある堅守速攻のチームだ


画像:2004年のユーロ優勝を知るカラグニス(10番)はいまだ健在。
本大会時には37歳となるが、あふれる闘志は衰えない


スポーツナビ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312070008-spnavi
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/wcup/2014/columndtl/201312070008-spnavi?page=2

続きを読む

【ブラジルW杯】ザッケローニ監督「コロンビアは優勝候補。コートジボワールはアフリカで一番強い。ギリシャは気持ちの強いチーム」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/08(日) 03:50:16.13 ID:???0
W杯サッカー抽選会・ザッケローニ監督の一問一答

コロンビア、ギリシャ、コートジボワール。対戦国が決まった抽選会を終えた
日本代表のザッケローニ監督は、静かに抱負を話した。主な一問一答は次の通り。

-対戦相手が決まり、率直な感想を。

いいグループにも、悪いグループにも入る可能性があった。
個人的にはこんなものかという感じ。気持ちは落ち着いている。

-相手の印象を。

初戦のコートジボワールはアフリカで一番強い。欧州で一番強いところは
入らなかった。ギリシャを過小評価しているわけではなく、気持ちの強いチーム。
コロンビアは世界でもナンバーワンに入る力のあるチーム。優勝候補で間違いない。

-会場はブラジル北部が多い。暑さ対策は。

暑熱対策はしっかりしないといけない。初戦の会場のレシフェは、
コンフェデ杯のイタリア戦で使用した会場。蒸し暑さは記憶に残っている。
コンディションを整えればいいサッカーができる自負がある。

-本大会の目標は。

まずはスタートダッシュ。私は相手うんぬんより、自分たちのサッカーをと考え、
目標を公言するタイプではない。地に足を着けてやることが大事。
キーワードはコンディション、勇気、インテンシティ(強度、集中力)の三つ。
(コスタドサウイペ時事)(2013/12/07-05:22)

時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013120700091

続きを読む

【ブラジルW杯】コートジボワール市民「日本に負けるとは思わない。ライバルはコロンビア」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/08(日) 04:57:10.60 ID:???0
コートジボワール市民、日本は「良い選手多い」 2013.12.7 16:10

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本と初戦で戦うことが決まった
西アフリカ・コートジボワールの市民は6日、日本チームについて「良い選手が多い」
「素早く機能的だ」と評価、対戦を待ち切れない様子を見せた。

「日本にはイングランドやイタリアで活躍してきた良い選手がいるのは知っているが、
負けるとは思わない」

最大都市アビジャンの男性技師ギヨーム・ケケレ・アボアさん(34)は
電話取材に勝利への自信をみせた。「コートジボワールは日本より経験がある。
ライバルはコロンビアだ」と予想した。

アビジャンの男性運転手ティミン・ヌドゥリサさん(61)は
「日本は素早く機能的なチームだ」と評価。
「コートジボワールは体力的に勝っている。絶対勝つ」と力説した。(共同)

サンスポ
http://www.sanspo.com/soccer/news/20131207/wor13120716110023-n1.html

続きを読む

【ブラジルW杯】コロンビアの英雄バルデラマ氏「日本が相手で嬉しい。強いが怖がる必要はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/08(日) 04:09:53.09 ID:???0
コロンビア英雄のバルデラマ氏「日本が相手でうれしい」 2013.12.7 15:51

「日本は旋風を起こす」「怖くない」-。
サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会1次リーグで日本の対戦相手に
決まったシード国の南米コロンビアでは6日、歓迎と警戒に反応が分かれた。

元代表主将で金髪のアフロヘアで知られる同国の英雄バルデラマ氏は
抽選会場で共同通信に対し「日本が相手でうれしい。強いが怖がる必要はない」
と強調した。

一方、カラコル・ラジオの専門記者フェルナンド・ディエゴ氏(43)は
「まずい組み合わせだ。日本は動きが速く、技術もある。大会で旋風を巻き起こす
可能性が高い」と指摘した。

C組の顔ぶれについては「やりやすい組に入れた」(コロンビアの解説者)との
評価が目立った。インターネット上では「コロンビアはついている。いいリーグだ」
との声が大勢。だが有力紙パイスは、日本を「1次リーグ突破の最終関門だ」
と警告した。(共同)

サンスポ
http://www.sanspo.com/soccer/news/20131207/wor13120715530021-n1.html

続きを読む

【ブラジルW杯】コートジボワール戦の開始時間が日曜午前10時に変更

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: ブリーフ仮面φ ★ 2013/12/08(日) 02:06:09.49 ID:???0
コートジボワール戦の開始時間変更=サッカーW杯

【ロンドン時事】国際サッカー連盟(FIFA)は7日、
来年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会の1次リーグ日程の最終版を発表し、
C組の日本は、6月14日にコートジボワールとレシフェで行う初戦の開始時間が
午後10時(日本時間15日午前10時)に変更となった。
当初は午後7時(同15日午前7時)開始予定だった。

19日のナタルでのギリシャ戦は午後7時(同20日午前7時)、
24日にクイアバで行うコロンビア戦は午後4時(同25日午前5時)。
(2013/12/08-00:46)

時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013120800009

≪関連サイト≫
The matches of the 2014 FIFA World Cup Brazil - FIFA.com
http://www.fifa.com/worldcup/matches/
日時(日本時間)     対戦相手       会場
6月15日(日)午前10時  コートジボワール  レシフェ
6月20日(金)午前7時  ギリシャ        ナタル
6月25日(水)午前5時  コロンビア      クイアバ

続きを読む

【ブラジルW杯】FIFAが日本所属グループCの展望を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加



1: そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/12/07(土) 06:55:46.74 ID:???i
2014年に開幕を控えたブラジル・ワールドカップの組み合わせ抽選会が6日、
ブラジルのコスタ・ド・サウイペで行われた。5大会連続5回目の出場となる日本は、
コロンビア、ギリシャ、コートジボワールと同居するグループCとなった。

抽選を終えて、『FIFA.com』がグループCを展望。
「8つのグループの中で、最もオープンで困難な組」と表現し、
「各大陸のスタイルが衝突し、興味深い対戦が約束されている」と紹介した。

14日に行われる日本とコートジボワールの初戦に関しては、
「間違いなく本物のフットボールが見られるだろう」とし、
「勝ったチームがベスト16進出に大きく前進する」と紹介。
2カ国にとって同試合がグループリーグ突破の鍵を握る一戦になると展望している。

また、グループCに所属する4カ国はワールドカップにおいて
ベスト16以上の成績を残せていないが、「記録は破られるためにある」と、
4チームの躍進に期待を寄せた。

http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20131207/153316.html

続きを読む
お知らせ



ただいま、一時的にコメント欄を承認制にしております




最新サッカー雑誌




ナンバー
2014年 3/27号





月刊フットボリスタ
2014年 04月号





サッカーダイジェスト
2014年 3/25号





ワールドサッカーダイジェスト
2014年 3/20号





サッカークリニック
2014年 04月号





ブラジルW杯出場32カ国
戦術&キープレイヤー
完全ガイド





サッカーマガジンZONE
2014年 04月号





サッカーダイジェスト増刊
日本代表GS展望&ガイド





サッカーダイジェスト増刊
ブラジルW杯展望&ガイド


スポンサードリンク







最新コメント
最新画像(クリックで記事へ)
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【ブラジルW杯】イタリア代表ら、新ユニフォームを発表
  • 【試合結果】アルガルベ杯 なでしこ日本、アメリカと1-1ドロー!
  • 【セリエA】インテル、マンU・DFヴィディッチとの契約合意を発表
日本代表を100%堪能!
タグクラウド
ツイッター・RSS
記事検索
お世話になっているサイト様
Amazon.co.jp




長友佑都体幹トレーニング20





我思う、ゆえに我蹴る。
アンドレア・ピルロ自伝





Amazon.co.jp限定版
情熱を貫く
大久保嘉人自伝





日本代表
ユニフォーム/2014





ブラジルW杯
対戦国シミュレーション分析





欧州サッカー批評(9)





モウリーニョvsレアルマドリー
「三年戦争」





独白
レイモン・ドメネク自伝





サッカー批評(66)





[DVD]日本代表激闘録
2014W杯アジア地区最終予選





本田圭佑ユニフォーム
ACミラン/13-14





香川真司ユニフォーム
マンチェスターU/13-14





内田篤人ユニフォーム
シャルケ/12-14(継続)





ウィニングイレブン2014





FIFA 14
ワールドクラス サッカー





サカつく
プロサッカークラブをつくろう!


QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文







  • ライブドアブログ